求める人物像

フカサワの求める人物像

信頼から生まれる「WA」:人と人との「和」と「話」と「輪」

お客さまに利便性を提供し、人間同士の信頼関係から生まれる和。それがフカサワの求める「人物像」です。お客さまが納得いくまで、コミュニケーションをとることは、とても重要なことです。常にお客さまの立場になって考え、お役に立つ情報を提供する。 そういったより良いお客さまとの関係を築くために、より信頼できる話し合いのできる人を求めています。 フカサワは「お客さま第一主義」、「地域密着主義」に徹します。ですから、もっともっとたくさんの人と信頼の輪を広げようという、輪を大切にする人をフカサワは求めています。

フカサワは、お客さまから「満足の笑顔」をいただくためには?を考えて、柔軟な対応のできる人物を必要としています。一人ひとりの多様性、誰もが「個人」であることを尊重し、挑戦や成長への支援・教育は惜しみません。

人と地球の共存共栄について考えます。

フカサワが販売する、パッケージ(包装材)は、商品がユーザーの手に渡ると同時に不必要なもの=ゴミへと変化してしまいます。 フカサワでは、「人と地球の共存共栄」について真剣に考え、必要と不必要という相反する課題に取り組み、お客さまにアイデアの提案をし続けなければなりません。

フカサワの営業職についてのご紹介

外勤営業職について

お客さまのところへ定期的に訪問するルートセールスが中心になります。訪問したお客さまの要望事項を整理し、お客さまにとって何が一番メリットがあるのかを考え提案する企画提案型営業をします。そのためには、お客さまとのコミュニケーションを大切にし、信頼関係を築くこと、これが外勤営業にとってとても大切な仕事になります。最初は大変なこともありますが、お客さまに満足していただけた時の充実感や達成感は素晴しいものです。

Q 1日のスケジュールを教えてください。

朝は8時くらいに出社します。支店内の掃除を行った後、メールチェックや今日の訪問スケジュールを確認します。時にはお客さまの所へ直行したり、上司とミーティングをすることもあります。すばやく準備を済ませ営業に出発。お客さまから現在抱えている問題点などをお聞きし、お客さまのニーズに合った商品のご提案をします。帰社後、翌日配達する商品を確認したり、ご注文いただいた商品の納期確認や、お客さまに提案する商品の魅力を伝えるための提案書等を作成するなど、翌日の準備を終えて退社します。

内勤営業職について

事務所内で商品の受発注、仕入入力、電話応対などを効率良くこなし、外勤営業がお客さまにスムーズな対応ができるよう常にサポートします。お客さまと直接電話で会話をする機会も多いため、外勤営業と同じ様に、お客さまのニーズに合ったご提案をできるように心がけることが大切になります。電話は動作や表情が見えない、“声”だけでコミュニケーションを取らなければならず、とても難しい部分もありますが、お客さまに声を覚えていただいた時はとても嬉しい気持ちになります。

Q 1日のスケジュールを教えてください。

外勤営業と同様、朝は8時頃出社します。その後はお客さまからの電話応対や、商品の発注・荷受、見積りをお願いしたり、外勤営業から頼まれた仕事をしたりと、様々な業務をこなします。時には外勤営業に同行してお客さまとお会いし、電話だけでは出来ないコミュニケーションを取る機会もあります。また、社内のミーティングや勉強会に参加し、同僚とのコミュニケーションも上手く図っています。その日にしなければならない処理をすべて終えてから退社します。